家を売る

家を売るときに大切なことは!

 

家を売る

最初の査定価格よりも580万円も高く家を売ることが出来ました。

 

近所の不動産屋さんにお願いするのも一つの方法ですが、
必ず複数の不動産屋さんに査定をしてもらい自分の家がいくらで売れるのか、相場はいくらなのか?を把握することがカギです。

 

また、担当する営業マンとの相性も大切なので
「この人なら!」と思える営業マンを探し出すためにも複数の不動産会社に査定をしてもらうことがお勧めなのです。

 

私は不動産の一括査定サイトを利用することで素晴らしい営業マンと出会えることができ、
最初の査定価格よりも580万円も高く家を売ることが出来ました。

 

1,000社以上の業者との取引実績がある一括査定サイトの老舗、複数の業者から無料で査定メールが届きます。
⇒私も利用した無料一括査定サイトはこちら

 

家を売る

 

最初にお願いした業者さんの査定は2,000万円でしたが、
無料一括査定を利用すると4社の査定価格は2,300万円から2,500万円の価格になりました。

 

結果は2580万円で売ることが出来たのも複数の業者に査定をしてもらうことが出来たからです。

複数の業者に査定してもらう

  • 正確な査定価格を知る
  • 会社・営業マンによって得意分野が分かれている
  • 相性のよい営業マンを探す
正確な査定価格を知る

近所の不動産会社や知り合いの不動産会社に査定をお願いするケースが最も多いと思いますが、その場合でも最低でも3社以上【できれば5社)の業者に査定をしてもらいましょう。

家を売る

 

正確な査定価格を出すためには複数の業者に査定をしてもらうことで平均値を出すこともできますし、自分も納得できるからです。

 

その価格で売ることが出来たら

 

住宅ローンの残債を払うことができる、
住み替える家の頭金にできる、
賃貸申込みの費用を確保できる

 

など売った後の予定もしっかりと計画を立てることが出来ます。

 

 

会社・営業マンによって得意分野が分かれている

 

不動産会社といっても会社によって得意不得意があります。

家を売る

 

賃貸をメインに業務を行っている会社は売却のスキルが低すぎます。
売買でも事業用地や投資物件、農業用地をメインにしている会社も多くあります。

 

営業マンも同じように得意としている不動産分野がありどんな分野でも取り扱えるという営業マンはまずいません。
家を売るなら住宅売買の経験と知識を多く持ち合わせている営業マンが適しています。

 

相性のよい営業マンを探す

 

家を売る

家を売るとなっても直ぐに売れるとは限りません。

家の条件が良くないと1年、2年と長期戦になる場合もあるので自分と相性の良い営業マンに担当してもらう事が大切になってきます。

 

何でも気兼ねせずに話せる、不動産や税金などの知識に長けている、他業者との顔も広い。

 

こういう営業マンに出会うためにはなるべく多くの業者に査定をしてもらって実際に話をしてみることです。

相性のよい担当者を選ぶ

  • 家の売却を信用して託すことができる
  • 何でも話せる、なんでも相談に乗ってくれる
  • 買い手側からの印象も良い
家の売却を信用して託すことができる

 

家を売る

家の売却は数百万から数千万円する自分の財産を売るのですから、信用できる会社の信頼できる営業マンじゃなければ安心して託すことが出来ません。

 

いつも笑顔が絶えずニコニコしている営業マンなら良いか?というとそういうわけではありません。

 

営業職に笑顔は必要ですが、最も必要なことはお客さんから託された家の売却に真摯に取り組み、経験から持ち合わせている知識と正確な判断力がある。

 

そういう営業マンは様々な質問にも的確に分かりやすく答えてくれます。

 

話していると、「この人に任せると大丈夫そうな気がする」 と感じたりします。

 

安心感、信頼感を持てる営業マンこそ、自分と相性のよいプロの営業マンです。

 

何でも話せる、なんでも相談に乗ってくれる

 

普通の人なら一生の間に不動産を売るという経験もそんなに持ち合わせていることはないので、分からないことだらけです。

 

家を売る

本やインターネットで調べられる知識もありますが、自分の家は世界で一つしかないものです。

 

一つしかない自分の財産を売る際に分からないことなど、遠慮せずに質問できる営業マンじゃないと後で後悔することが出てくるかもしれません。

 

頭ごなしに否定する人、こんなこと聞いたら怒られるんじゃないかな?という雰囲気の営業マンは遠慮したいです。

 

何でも話せる、相談できる雰囲気を持っている営業マン。

 

知識も豊富で分からないことは調べてきて、分かりやすく教えてくれる営業マンなら売却が長期戦になっても諦めずに頑張れることが出来そうです。

 

買い手側からの印象も良い

 

売り主さんからの印象が良いということは買い手さんからの印象も良いということです。

家を売る

 

売却の営業担当マンは家を売りに出すだけではなく、買ってくれる人を見つけるのも仕事です。

 

買う人も信頼できる営業マンじゃないと安心して買うことはできないはずです。

 

また、仲介の場合は他の不動産会社もレインズを通して物件情報を仕入れて売却することができるので、他業者とも円滑に取引ができる必要があります。

 

売れない理由を知っておく

  • 売れない理由を知って対策をとっておく
売れない理由を知って対策をとっておく

 

家を売る

自分の家が売れないとしたら何が理由になるかを知っておくことで、前もって対策を取ることが出来ます。

 

私は担当の営業マンに

 

「家が売れないとしたら、どんな理由で売れないの?」

 

とよく聞いていました。

 

売り主サイドで、できることはしっかりと対策をしておきましょう。

 

不動産によっては問題を抱えている場合もあります。

 

境界線や越境、私道の持ち分取得などは売り主の負担と責任で解決しておかなければなりません。

 

せっかく、買いたいと申し出てくれる買主さんが現れても迷惑をかけることになります。

 

買主さんも不安を感じる家は、気に入っていても買わないという選択をすることもあります。

 

家を売るときは担当営業マンに”自分の家が売れない理由”を聞いて対策を取っておきましょう!

 

 

>>>私も利用した無料一括査定サイトはこちら<<<

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ